エンタメ・芸能

LGBT採用促進のベントが東京で開催!

投稿日:

拡散してね!

就職活動に不安を抱えるLGBT、性的マイノリティーの学生などを支援しようと、LGBTの人たちが働きやすい職場作りに取り組んでいる企業と学生たちとの交流イベントが21日、東京で開かれました。

イベントは東京のNPO法人が開き、24の企業と学生などおよそ500人が参加しました。会場では企業ごとにブースが設けられ、大手証券会社では同性パートナーを結婚相手と同様に認める制度を導入していることや、LGBTへの理解を深める活動に取り組んでいることなどを説明していました。またLGBTの啓発イベントに参加していることを紹介する企業もありました。

会場を訪れていた、体は女性、心は男性という学生は「男性として働きたいが、トイレや更衣室など会社に迷惑をかけるのではないかと悩んでいる。人事の担当者から直接、会社の雰囲気や取り組みを聞こうと思う」と話していました。

NPO法人ReBitの藥師実芳代表理事は「LGBTの学生には理解のある職場がたくさんあることを知ってもらいたい。また企業と学生、双方が意見交換をすることで、LGBTの人たちがより自分らしく働ける社会に近づければと思う」と話していました。

くりりん
LGBT採用に向けた動きが進んでるね~
Jnews担当トサガナン
実際のとこどうなんでしょう?
くりりん
うーん;
やっぱり顧客先との問題や社内でのトイレの問題、
社内での社員同士の理解の問題など、LGBTにおいても
やっぱりとくに「トランス」の就職事情っていうのは厳しいよ。
Jnews担当トサガナン
LGBTといっても、だいたいTの問題として扱われてますもんね。
くりりん
やっぱり、「見た目は男性、でも女性の服で働きたい」って言われても
なかなか周囲の驚きや理解の進まなさっていうのはあるね。
でも、顧客対面のない職業や、人手が深刻に不足してる職業などは
LGBT促進をすすめて人材を確保しようとする動きがある。
あとは、大企業。CSRの観点で「LGBT就職促進してますー」っていうと
株主にアピールできるからねぇ。
でも実際問題、現場での理解ってのはなかなか進んでないのが現状だろうねぇ。
ガネやん
そうじゃな。しかし今の若い世代とくに20代を中心に
LGBTの存在認知、理解は進んでいるのでそのような世代が
社会のマネジメント層や中心層になってきたら、
そのときに初めてLGBT採用が本当の意味で促進される日がくるじゃう。
くりりん

逆転のトランス就職法「男性で結果を残してからトランスで働く」という方法

でも書いたけど今のところトランスとして自己実現してる人の多くは、
「最初は男性で働いて結果の残してから、その会社において必要なスキルを
アピールしてからトランス就職をお願いする」パターンが多いねぇ。
いずれにせよ、このような動きがドンドン進んでいけばいいなぁ。

拡散してね!


↓クリックで虹速24の応援お願いいたします♪↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

-エンタメ・芸能
-, , , , , ,

Copyright© 虹速24-女装LGBT少数派系ニュース速報- , 2018 AllRights Reserved.