カテゴリ サービス・商品

「男がワンピース着てもいい」新ブランドblurorange(ブローレンヂ)ってのがあるらしい。

投稿日:

拡散してね!

出典元:www.huffingtonpost.jp/2017/10/28/blurorange_a_23259073/

性別違和(女→男)の女性が立ち上げたブランドです。
松村智世さん。
関西の大学を卒業後、服飾専門学校卒業後、
今回のブランドblurorange(ブローレンヂ)を立ち上げたそうです。


blurorange(ブローレンヂ)主宰 松村智世氏

これまでもいろんな

・男性だけど女装したい、あるいは女の子の服を着たい人向けの
男の娘ブランド

みたいなブランドはいっぱい出てきましたが、
革新的アプローチはなかった。

でも、今回のブローレンヂは

・錯視を利用して
・着るのはしんどくないけど、見た目は女性のよう

という科学的アプローチを利用しています。

AG、趣味女装子さんにはあまり受けないかもしれませんが、
GIDさんたちにとっては非常に救世主的存在になる可能性は
十分あります。

——何がきっかけだったのでしょうか。

性同一性障害についての講義を受けた時に、衝撃を受けたんですね。

性同一性障害の男の子が主人公のビデオを見たんですけど。女の子になりたいけど戸籍を変えるには性別適合手術が必要だとか、いろんな葛藤が描かれていて、見終わると「うわ大変やな」ってなるじゃないですか。

けど、そのあとに教授が、「皆さんこれを見て、大変やと思いましたよね。でも、実際にこれを演じていた役者さんはかわいくて華奢な女の子です。もしこれが屈強な男性が演じていたらどう思いますか?」って聞いたんですよ。

これはかわいらしい男の子が女の子になりたくて葛藤してる姿を描いていて、だから『大変だな、認めてあげたらいいのに』って思うだろうけど、実際にはこんな華奢な子ばっかりじゃないよ」って。「筋肉がめちゃくちゃついてるラグビー部員みたいな人でも、心は女の子で、女の子の服を着たい、女の子として認めてよって思っている人はいっぱいいる」って投げかけられて。それで講義は終わったんですけど。

それがもう、ずっとモヤモヤ残ってて。その時はすぐに答えは出なかったんですけど...何やろう。多分そういう人たちが生きにくいのって、服のサイズが合ってないんだろうなとも思ったんですよね。もともとアパレルやってたからっていうのもあると思うんですけど。

やっぱり、大きな体でレディース服を着ようとしたらピッチピッチになるじゃないですか。それでちょっとおかしく見えちゃう。でもサイズが合っていたら、そんなに違和感はなくなるんじゃないかなと思ったんですよ。

その時、大学で認知心理学の講義も受けていて、「錯視」と呼ばれる目の錯覚について勉強していたんですけど、それがめちゃくちゃ面白くって。ある仕掛けを服に取り入れるだけで、見せたいように見せられる。それを服のデザインに入れたら、男の子を女の子に見せるようなことも可能になるんじゃないかなと思って。そうしたら、着る服で困っている人がかわいい服を堂々と着られるようになるかもしれないと思ったんです。

くりりん
この大学の先生はいいこと言ってる。トランスの問題の核心をついてるね。。。
結局、GIDさんたち当人たちはガチでマジでこころが女性なんだけど、
見た目の男性的特徴が強ければ強いほど、周りには理解されづらい。
映画や本などでデフォルメされてるGIDは、見た目もかなり女性っぽかったりするけど、
全員のトランスがそうじゃないからこそ、トランスのトイレ問題とか、
LGBTの中でもTの雇用促進が遅れてたりとか・・・
そういう問題が起こってるんだよなぁ。。。
Jnews担当トサガナン
なるほど
くりりん
しかもGIDさんたち当人たちは趣味女装子さんみたいな「女装」とは
また違う行為をしてる。でも周りから見れば「トランスじゃん」ってなる。
ある種、趣味女の存在が本当のGIDさんたちにとっては邪魔になってる側面もある。
でも趣味女からすれば「そんなのあんたらに言われたくねえわ、自由だろうが」ってなる。
本当にまじで難しい問題なんだわ・・・
ガネやん
そうじゃのぉ。。。かといって趣味女中心のコミュニティに
GIDさんがきてたりもするわけで・・・
完全にすみわけもされていない。
完全に性別がフラット化して、女装がフラット化するまで、
もしかするとトランスの問題はなくならんのかものぉ。
くりりん
私はGIDさんのお友達もいるし、AGのお友達もいるし、
パンセクのお友達もいるし、趣味女のお友達もいる。
こうやってカテゴライズしてても、完全にはカテゴライズできてないし、
というのもAGの女装子さんでも、女性ジェンダーが心地よくて
GIDさん的な立ち振る舞いをする時間もあったり・・・
GIDさんかな?と思っても、男性である自分を受け入れて
社会とバランスをとろうと努力してる人もいる・・・
本当に、ダイバーシティなの。ひとつの色じゃ表せないカンジ。
だからこそ、やっぱり「くだらない思い込みやプライドを捨てて、
お互いを尊重しながら、楽しくやる」ってのが一番いい態度なんだよなぁ。
Jnews担当トサガナン
ふむふむ
くりりん
「それって違うでしょ」って思うことでも、それはあくまで
その人の正義の中での話。正義と正義のぶつかりあいをしても、
結局話はまとまらない。だったら「人は人、私は私」で、
受け入れられる価値観は共有して、受け入れられない価値観は受け入れない。
でも、その人のすべてが合わないわけじゃないからいい部分だけを見て付き合う。
こんな態度が一番バランスがいいと思う。
これべつにマイノリティの世界特有の態度ではなくて、
価値観が多様化して表出化してる今の時代の社会全般における
態度と言えるんじゃないかなぁ。
Jnews担当トサガナン
なるほど。で、このブランドはどこで買えるんですか?

ここで買えるよ~~~!

 

blurorange(ブローレンヂ)

 

拡散してね!


↓クリックで虹速24の応援お願いいたします♪↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

女装ワールドポータル虹速ヘッドライン女装・男の娘女性・ガールズLGBTフラット化エンタメお金・仕事女装ワールドイベントHOT!ニュース
■フラット化する世界のニュース
キュレーションサイト「虹速24」

LGBT・女装・少数派・AIなどをメタファーとした
フラット化する世界をキュレーション!

-カテゴリ, サービス・商品
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 虹速24(にじそく)女装LGBTジェンダー少数派系ニュース速報 , 2018 AllRights Reserved.