女装に関する話題 女装・LGBTイベント速報 東日本女装LGBTイベント 登場人物別の話題

【3/2-25登場イベント】「江戸の女装と男装」展が太田記念美術館で開催

投稿日:

拡散してね!

【3/2-25登場イベント】「江戸の女装と男装」展が太田記念美術館で開催

出典元:https://bijutsutecho.com/news/10426/

洋の東西を問わず、女装や男装の文化は古くから見られる。日本でも、『古事記』のヤマトタケルが女装して熊襲を退治した話や、中世の稚児による女装や芸能に見られる女装、江戸時代に生まれた歌舞伎の女形など、異性装は庶民にとって身近なものとして存在し続けてきた。
 本展では、江戸時代に描かれた浮世絵を通して、男女の境界を自由に行き来する江戸の風俗や文化の諸相に迫る。

見どころは、月岡芳年の《風俗三十二相 にあいさう 弘化年間廓の芸者風俗》。「風俗三十二相」は、芳年が晩年に手がけた、「寒そう」「痛そう」などといった様々な女性の表情を題材にした美人画の揃物。本図では、吉原の祭り「俄」に参加した芸者の女性が、男髷を結い鳶のような恰好をした姿が描かれている。

 そのほか、『南総里見八犬伝』などの物語に登場する異性装の人物や、女装のスペシャリストである歌舞伎の女形を描いた作品、「やつし絵」や「見立絵」などと呼ばれた歴史や物語の登場人物の性別を入れ替えて描いた作品などが展示される。

くりりん
女装はいつの時代もあったんだなーって。
今になって女装がすげえ流行ってるように見えてるけど、
それは幻想なのかも。
これまでの「男が女に扮する」という意味の女装はそんなに変わってないのかもね。
ジェンダーフラット化現象の一部で、女装が流行してるように見えてるけど、
ジェンダーフラットになれば女装は消えてなくなるからね。。。
現に、クラシック女装界は拡大してないからなぁ。
若年層を中心とした表現としての女装とかジェンダーレスは進んでるけどね。確実に。
Jnews担当トサガナン
今のクラシック女装界はなくなるんですか?
くりりん
数は増えないけど、確実に超絶コア層としては残るはず。
やっぱりクラシック女装界ってすごく楽しいし、反社会的な遊びの側面もあるじゃない。
「こんなことしたらやばい」的な。そういう側面が完全に消えないうちは残るよ。
Jnews担当トサガナン
とにかくこの江戸時代の女装展は、大田美術館であるんですねー!見に行ってみよう!

江戸の女装と男装

会期:2018年3月2日〜25日
会場:太田記念美術館
住所:東京都渋谷区神宮前1-10-10
電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間:10:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月
入館料:一般 700円 / 大高生 500円 / 中学生以下無料

 

拡散してね!


↓クリックで虹速24の応援お願いいたします♪↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

女装ワールドポータル虹速ヘッドライン女装・男の娘女性・ガールズLGBTフラット化エンタメお金・仕事女装ワールドイベントHOT!ニュース

-女装に関する話題, 女装・LGBTイベント速報, 東日本女装LGBTイベント, 登場人物別の話題
-, , ,

Copyright© 虹速24(にじそく)女装LGBTジェンダー少数派系ニュース速報 , 2018 AllRights Reserved.