GID・性同一性障害(T) カテゴリ サービス・商品 女装に関する話題 登場人物別の話題

女装と女の映画「恋とボルバキア」小野さやか監督のインタビュー #女装 #恋とボルバキア

更新日:

拡散してね!

女装と女の映画「恋とボルバキア」小野さやか監督のインタビュー

出典元:https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/raihan/180106/20180106047.html

性別は男と女だけではないのではないか。ドキュメンタリー映画「恋とボルバキア」(東風配給)に登場する人たちを見ればそう思える。女性監督の小野さやか(33)が「女装する男子」たちにカメラを向けその生き方を追った。「女になっても大変だが、女になりたいと願う気持ちは尊い」という小野監督に話を聞いた。

テレビで撮った「僕たち女の子」(13年)のとき、“女装する男の子たち”に出会った。「その後、彼女たちを本当に描けたのか気になって、もう一度映画で撮りたいと思った」のが今回の企画の動機。近年「FAKE」などのプロデューサーとして知られる橋本佳子に相談し企画がスタートした。
 「初めは男の人が女装する気持ちが分からなかった。それは女装という定義に収まるものではなく、彼女たちの愛の形をどう表現すればいいかを考え、何組かのカップルを中心にそれぞれの恋の成り行きも追いながら、どこへ行き着くかを探っていった。本音を話してくれるまで3年かかった人もいた」
 14歳のときから女性化して王子と呼ばれる彼は、2歳のときから女の子として生きているあゆと付き合っている。女装のみひろは女装雑誌編集長の男性に恋をしている。女性のじゅりあんは妻子と別れた女装のはずみと「偽物レズビアン」である。井上魅夜は義理の父親が好きで女装に走っている。そして50代になって女装している一子はタクシーの運転手である。
 「それぞれ大事な人を守るために生きている。それが自然のようであっても、その関係にはかなえられない悩みがある。その一つは子どもが産めないということであり、それゆえの人間トラブルもまた起きる。そんな面倒な関係になぜなるのかと思うが、それとは別にその状況が心地よいからというのも間違いない。女になっても大変だが、女になりたいという願いは尊い」
 「映画に出てくれた人たちはカメラの前で演技をしてくれたような気もするが、雰囲気で2人が別れそうなシーンを撮りたいというと、ドキュメンタリーでそんなことをするのはいけないと怒られた。それは終わりなき旅なのかもしれない」
 ※13日から大阪・十三の第七藝術劇場で公開。ボルバキアとは宿主を性転換させる共生バクテリアの一種。

くりりん
女装界の人たちが、女装の映画でマジョリティミックスに触れる。
この中のみひろ氏なんかは、完全に今は女装バーじゃなくてマジョリティミックスバーをやってるもんなぁ。
井上魅夜氏も、まぁいろいろあったけど今は名古屋でバーをやってる。
はずみ氏もDRPartyのオーガナイズとかやりながら、シャングリラでキャストもやってる。
だいたいみんなBAR系の関係者なんだよなぁ。
小野監督には、次回はほかの女装のロールモデルを混ぜながら作品をとるならやってほしいなぁ。
女装=飲み屋しかないのか?という疑問符をぶち壊してほしい。
実際、女装で生きるのにBARとか風俗とかっていう思い込みが蔓延しているが、
私がフルタイム女装実験で体験したようにそんなことは全くないっていう。
この出演した女装子トランスにはあっぱれ!だね!♡
女になりたいトランスジェンダー映画『恋とボルバキア』が12/9より公開!井上魅夜さん出演!

女になりたいトランスジェンダー映画『恋とボルバキア』が12/9より公開! 出典元:https://healthpress.jp/2017/11/post-3355_2.html そんななかで、LGBT ...

続きを見る

拡散してね!


↓クリックで虹速24の応援お願いいたします♪↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

女装ワールドポータル虹速ヘッドライン女装・男の娘女性・ガールズLGBTフラット化エンタメお金・仕事女装ワールドイベントHOT!ニュース

-GID・性同一性障害(T), カテゴリ, サービス・商品, 女装に関する話題, 登場人物別の話題
-, , , ,

Copyright© 虹速24(にじそく)女装LGBTジェンダー少数派系ニュース速報 , 2018 AllRights Reserved.