ニュースと未来をつなぐワクテカニュースまとめ。男女解放・常識破壊・近未来を伝えるニュース速報

ミライニュース虹速(にじそく)

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
相互リンク・提携サイト様
おまとめ
2chNAVI
暇つぶしアンテナ

カテゴリ 政治・社会 海外 登場人物別の話題 社会の少数派

【中国】 2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表。明るさは本物の月の8倍wwwww

投稿日:

スポンサードリンク



拡散してね!

中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。
打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。
打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は完了しています。また、中国航天科技集団は中国の宇宙開発を請け負う主要企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。
この「人工月」には太陽光を反射させられるパネルが取り付けられており、その角度を変化させることで、照射位置を調整します。
世界を見渡すと、過去にも同じように太陽光を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない街」として有名であったノルウェーの谷底の街、リューカンに「3つの鏡」が設置されました。コンピューター制御されたその鏡は、間接的ではありますが、街に待望の「日光」を届けることに成功しています。
https://nazology.net/archives/22493
また、1990年台にはロシアが人工衛星 “Znamya” を打ち上げ、太陽の光を地球の夜間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資金調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。
「人工月」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影響ですが、光学の専門家は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物のルーティーンに影響が出ることは考えにくいと説明しています。
https://nazology.net/archives/22493

このニュースのフラット指数

常識崩壊度:

女装局長くりりん(♂♀)
発想がすごい。
中国って夢があるよなぁ。。。
いろいろ思うこともあるけど、
本当に純粋に夢がある、すごい。
勢いが違うもんなwwwww
虹の凡人・トサガナン(♂)
日本人もホリエモンみたいにすごい人いっぱいいるのに・・・
つぶされちゃいますもんね(-ω-)/

 

このニュースに対するみんなの反応

みんなの反応

ソーラーシステムかよw

爆発する気がする

軍事目的で使われるとやばい

落ちてくるまでがテンプレ

迷惑な話

未来的

全く採算取れないはずだがまたメンツで金使うのか中国

これ普通に軍事兵器だよな
建前で月の代わりって言ってるけど

夏の昼間は暑くなるのかな

こういう地球規模の環境にかかわりそうなことを、
単独で勝手に決めていいもんなのか??

 




↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI

-カテゴリ, 政治・社会, 海外, 登場人物別の話題, 社会の少数派
-

Copyright© ミライニュース虹速(にじそく) , 2018 All Rights Reserved.