ニュースと未来をつなぐワクテカニュースまとめ。男女解放・常識破壊・近未来を伝えるニュース速報

ミライニュース虹速(にじそく)

↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
相互リンク・提携サイト様
おまとめ
2chNAVI
暇つぶしアンテナ

T:性別違和・性同一性障害 カテゴリ 登場人物別の話題 科学・AI【人工知能)・技術

【朗報】トランスジェンダー女性が授乳可能に。医学的根拠もあり。 #transgender #トランスジェンダー #LGBT

投稿日:

【朗報】トランスジェンダー女性が授乳可能に。医学的根拠もあり。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000064-jij_afp-int

の分泌を誘発するホルモンを使ってトランスジェンダー女性が授乳できるようになったとする初の科学的な臨床研究結果が、医学誌に発表された。ただ、乳の栄養価や子どもの安全面については、さらなる研究が必要だと専門家は指摘している。

報告によると、このトランスジェンダー女性は6年間にわたって女性化ホルモン療法を受けていたが、性器や胸の手術は受けていなかった。パートナーの女性が妊娠したものの授乳する意思を示さなかったため、「生まれてくる乳児の最初の栄養源となる役割を自分が担いたいと希望し」医学的アドバイスを求めたという。
 このトランスジェンダー女性は、卵胞ホルモンのエストラジオールや黄体ホルモンのプロゲステロンなど、乳の分泌を誘発するホルモンを使った療法を継続する一方、搾乳器を1日3回、5分ずつ両胸に使用するよう指導された。
 さらに、乳の分泌量を増やす用途外の効果を求めて吐き気止めの薬ドンペリドンをカナダから取り寄せ、使用した。ドンペリドンは、心不全を誘発する懸念を米食品医薬品局(FDA)が指摘し米国では認可されていない。授乳される乳児へのリスクも分かっていない。
 研究報告によると、ホルモン療法の開始から3か月半後にパートナーが出産し、このトランスジェンダー女性は6週間にわたって自分の乳のみを乳児に与えた。その後、「乳の分泌量が足りないとの懸念」から栄養補助として粉ミルクを併用するようになった。乳児の成長や摂食機能は全く正常だったという。

女装局長くりりん(♂♀)
これはすごいね!
ある種外見的に女性っぽくなるだけじゃなくて、
女性の働きもできるようになってきてるってことだ。
ジェンダーフラット化だけでなく、
セクシャリティフラット化も進んでいくんだろうな~~




↓応援クリックお願いいたします♪↓
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
2chNAVI

-T:性別違和・性同一性障害, カテゴリ, 登場人物別の話題, 科学・AI【人工知能)・技術
-, , ,

Copyright© ミライニュース虹速(にじそく) , 2018 All Rights Reserved.